色味は3色まで!その理由は?

お洒落が楽しくなってくると、ついつい色んなデザインの服を買ってしまいがちです。奇抜なアイテムを取り入れることで、ハッと目を引く素敵なコーディネートにすることも可能です。好きな色や柄物がある場合、全て取り入れてしまいたい!と思いがちですが、コーディネートの色味は3色までに収めることが鉄則です。どれほど素敵な色味の服でも、多数取り込もうとするとテーマがぶれてしまいがちです。

なぜ3色だけなの?少なくない?と思うかもしれませんが、ファッションはトータルバランスが重要です。好きな色をすべて取り込むのではなく、何色を主役にするかを意識しましょう。お気に入りの色を使って、シンプルだけれど個性溢れるコーディネートを目指してください。

オススメの組み合わせ

ベーシックな色、たとえば白や黒、グレーやベージュなどの色は、他のどんな色にも合わせやすいと言われています。そのため、シャツやボトムスのどちらかに上記の色を取り込んでおけば、全体のバランスが取りやすくなります。夏を例に挙げると、白のボトムスに青色のシャツ、ベージュのシューズを合わせると一気に爽やかな印象になります。肌寒くなってきたら、ボトムスの色を黒に変え、グレーのジャケットを羽織ると季節感がちぐはぐになりません。

トップス、ボトムスのどちらかに上記の4色いずれかを取り入れ、バッグやシューズなどに柄物や差し色を入れるとお洒落な印象になります。シンプルだけれどかっこいいファッションのためにも、色味は3色でまとめることを意識すると良いでしょう。