メンズファッションで押さえるべき基本ルール

「オシャレに正解はない」という言葉も耳にしますので、本来は個人が自由に楽しむべきなのがファッションでもあります。しかし、その一方でオシャレだと思われる人にはいくつかの「共通点」があるのも事実です。その共通点を「基本ルール」や「定番」として身に付けることは、ファッション初心者にとっては非常に有意義でしょう。

色味は3色以内に収める

お洒落が楽しくなってくると、ついつい色んなデザインの服を買ってしまいがちです。奇抜なアイテムを取り入れることで、ハッと目を引く素敵なコーディネートにすることも可能です。好きな色や柄物がある場合、全…

きれい目とカジュアルのバランスを取る

堅すぎず、緩すぎずがポイント

オシャレに見えるファッションのポイント、それは「きれい目」と「カジュアル」をバランス良く取り入れた着こなしです。「きれい目」なアイテムとは、ジャケットやシャツ、レザーシューズと言ったもの。シンプルで大人っぽい雰囲気を演出できますが、全身をこれらでコーデすると、ビジネスライクで堅苦しい印象を与えてしまいます。 多くの男性がカジュアル寄りのファッションを好む傾向にありますが、Tシャツ+パーカー+ジーンズ+スニーカーのような組み合わせは大人っぽさを感じられなくなってしまうため、注意が必要です。解決策は、意外と簡単。1、2個を「きれい目」アイテムと入れ替えることです。例えばパーカーをジャケットに、スニーカーを革靴に変えるだけで、大人っぽい印象にガラリと変わります。

基本は白・黒・グレー

もう一つの大事なポイントが、色です。派手な色合わせは難易度が高いため、色味を抑えつつシンプルなものを選ぶのがとても大切です。ファッションにおいて、色のバランスは命。どの色を合わせて良いか分からないという人は、「無彩色」=白・黒・グレーを基本に考えましょう。 白・黒・グレーに合わない色は無く、この3色だけでコーデしても十分オシャレになります。他の色を使いたい場合は、無彩色に1色だけプラスします。これさえ意識していれば、色合わせで失敗することは無いでしょう。それでも何を選んだらいいか全く分からない人にオススメのアイテムが、ジャケット+白シャツ+細身のジーンズです。この3つを選んでおけば、自然ときれい目とカジュアルをバランスよく取り入れたファッションになるはずです。

メンズファッション避けるべきNGルール

メンズファッションにおいては、「こうしたほうがいい」という基本ルールと同時に「こうしてはいけない」というNGルールも存在します。そしてそのNGルールは、ファッション初心者にとっては逆に「こうしたほうがオシャレなのではないか?」というある種の「思い込み」が背景にあることも少なくありません。NGルールを避けるには思い込みに惑わされない冷静さも必要になるのです。

「ハイブランド=オシャレ」と思い込まない

男性は20代になるとハイブランドに興味を持ったり憧れる人も出てきますよね。収入が増えて手が届くようになったから、憧れの芸能人が着ているから、など理由は様々かと思います。中には、ハイブランドを持って…

流行やトレンドを取り入れすぎない

メンズファッションの着こなしにこだわりたい場合には、流行やトレンドを取り入れすぎると、全体のバランスが悪くなってしまったり、顔や各パーツの魅力を消してしまったりすることもあるため注意が必要です。そ…

派手な色やデザインで人の目を引くのはOK?

メンズファッションでは、奇抜な色の組み合わせは初心者には難しいです。というのも、複数の色を組み合わせるのは難しく、結果的に統一感のないファッションになってしまう傾向が強いからです。それでも初心者が…